カスタマイズ>各種設定>Googleタグマネージャーを追加する

Googleタグマネージャーとは

イベントページ内に自由に計測や広告タグを追加できるサービスです。
Googleタグマネージャーを追加することで、イベントの来場者集客で使用するGoogle広告やFacebook広告、Twitter広告などあらゆる広告やメルマガから、どれぐらいイベントに申し込みがあったかどれぐらいの費用対効果があったのかを調査することができます。

※他社サービスになりますので、登録の手順や詳細は下記の他社のコラムのURLにてご確認ください。
※Googleタグマネージャーは無料サービスのためGoogleに問い合わせ窓口はございません。
依頼している広告代理店や広告に詳しい方にご確認ください。

カスタマイズ→各種設定にてGoogleタグマネージャーを埋め込むことが可能です。

導入にあたって

タグマネージャーの登録や設定は、はじめて登録した方でも下記のURLを参考にすれば、5〜10分程度で設定ができるようになります。ただし、Googleアナリティクスで分析を希望の場合はGoogleアナリティクスの知識が必要になります。

Googleタグマネージャーで複雑な設定が必要になる場合もありますので、導入する際には社内の詳しい方に依頼するか、広告代理店にご確認いただくことを推奨します。

1.Googleタグマネージャーに登録する

Googleタグマネージャーは分析画面はありません。
分析画面の閲覧をするためにはGoogleアナリティクスの登録が必要になります。

Googleアナリティクスを登録していない場合は、先に下記の「Googleアナリティクスに登録する」から進んでいただくとスムーズです。

  • GoogleアナリティクスをUA(ユニバーサルアナリティクス)で登録する場合

https://satori.marketing/marketing-blog/owned-media/gtm-basic/

  • GoogleアナリティクスをGA4で登録する場合

https://www.sprocket.bz/blog/20201203.html

※GA4はGoogleアナリティクスのリニューアル機能なので、まだ多くの解説記事がありません。2023 年 7月 1 日までは旧バージョンのUA(ユニバーサルアナリティクス)でご利用されることをオススメします。

2.Googleアナリティクスに登録する

  • GoogleアナリティクスをUA(ユニバーサルアナリティクス)で登録する場合

https://wacul-ai.com/blog/access-analysis/google-analytics-method/what-is-google-analytics/

  • GoogleアナリティクスをGA4で登録する場合

https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/google-analytics-4

3.重要なポイント

・独自でイベント告知ページを作って、来場申込みはEventBASEに移動させて行う場合

独自のイベント告知ページとEventBASEでドメインが異なるためクロスドメイントラッキングの設定が必要です。

https://manamina.valuesccg.com/articles/1448

※広告の流入先をEventBASEで作成した告知ページなど https://eventbase.cloud/ のドメインから開始する場合は、こちらの設定は必要ありません。

・EventBASEの来場者登録完了ページ(サンクスページ)のURLは設定によって異なります。

EventBASEではイベント主催者ごとに来場者に提供する画面を変更できるようになっているため、固定のサンクスページのURLを設けておりません。下記の設定の有無で来場者登録完了ページ(サンクスページ)のURLが変わります。

・イベントを作成/編集>主催者が承認した来場者のみアクセスできる
・セミナー登録>セミナー予約できるようにする
・各種設定>ログイン後に受付画面の表示 ON/OFF

そのため、Googleアナリティクスでコンバージョンの設定をする際には下記をご確認ください。

4.Googleアナリティクスでコンバージョン設定をする

UA(ユニバーサルアナリティクス)で登録する場合

目標設定は下記を参考に設定してください。

https://lp.eventbase.cloud/register?eventPath={{設定したイベントURL}} は来場登録の際に必ず通るURLになります。その後のURLは下記の通り設定によって変わります。

・事前セミナー登録をする場合の来場者登録完了ページ(サンクスページ):
https://eventbase.cloud/{{設定したイベントURL}} /reserved_seminar

・事前セミナー登録をしない場合、かつカスタマイズ>各種設定で「ログイン後に受付画面の表示 ON/OFF」でOFFにしている場合の来場者登録完了ページ(サンクスページ):
https://eventbase.cloud/{{設定したイベントURL}}

・事前セミナー登録をしない場合、かつカスタマイズ>各種設定で「ログイン後に受付画面の表示 ON/OFF」でONにしている場合の来場者登録完了ページ(サンクスページ):
https://eventbase.cloud/{{設定したイベントURL}}/reception

GA4で登録する場合

https://www.creal.co.jp/column/analytics/7211/

上記の記事を参考に下記のように設定してください。

※クロスドメイントラッキングを仕様する場合、上記の「値」を「https」から記載してください。

「探索」機能を使用するとより細かい条件で分析することが可能です。

4.その他注意点

・Googleタグマネージャーはイベント全ページに設定されます

イベントの告知ページから申し込みフォーム、イベント当日のイベントページやアンケート画面にもGoogleタグマネージャーが貼り付けられます。そのため全ページの分析が可能です。

また、下記補足事項になります。

  • 他社のイベントデータは計測されません。
  • ブースは独自の仕様で作成しておりますので、Googleアナリティクスでの計測ができない形になっていますのでご了承ください。
  • タグは自由に追加いただいて問題ございませんが、Googleアナリティクス以外のタグを追加した場合の動作保証はいたしておりません。場合によってはJavaScriptが干渉してエラーになる可能性がありますのでご注意ください。

・広告配信をして分析をする場合は、Googleタグマネージャーでコンバージョンリンカーの設定が必要です。

AppleのOSであるsafariが、ITPによってコンバージョンデータが正確に取得できなくなりました。その対策として「コンバージョンリンカー」の追加が必要になります。

https://ferret-plus.com/13862

・イベント来場者に同意いただくプライバシーポリシーにGoogleアナリティクスで分析する旨の記載をオススメします。

参考:弊社が来場者に対して取得するプライバシーポリシー:

https://lp.eventbase.cloud/policy

TOP